未来は今日つくるものである

「私は」ではなく「われわれは」を考える

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

昨夜は食べ過ぎました。夕飯の量が翌朝のお腹の空き具合に如実に現れるようになったチガサキヒツジです🐑

************

組織に属していると、やらなきゃいけなさそうなんだけど、なかなか「内心は気が進まないなぁ…」と思ってしまう事ってありますよね。理由は色々あると思います。自分には苦手な事だったり。そもそもの価値観が違ったり。もし価値観が違うなら、その場合はその組織を去れ、とドラッカーは言っています。たとえ自分の強みがその仕事で活かせたとしても、優先すべきは価値観だと。

では、単純に「苦手だなぁ…」と思う理由から「内心、気が進まないなぁ…」と思ってしまう事がある時は、どうしたら良いのでしょうか。

組織は属する個人の自己成長・自己実現を果たす道具です。組織が成果をあげることに焦点を合わせる、貢献に焦点を合わせた行動をとることを通じて、自分自身の新たな可能性が広がります。成長につながります。

「苦手だなぁ…」と思って手をつけていないことがまだある、ということは、自分自身の可能性がまだまだたくさんある、ということです。貢献に焦点を合わせることは自分の可能性を追求することを意味します。「わたしが」やりたいこと、ではなく、「われわれが」なすべきことを考えたいです。その中には、自分の成長や自分の可能性につながるものが眠っています。

というわけで、今まで「内心は…」と思っていたんだけれど、ここは「われわれは」と思い直して新たな行動を始めました!何かが変わるかな。なにより、それで、属する組織が成果があがることに繋がったら嬉しいです😃

みなさんも、自分の可能性を追求してみませんか?そうして発見できた自分の力は本当に素晴らしいと思うのです🤗🍀

(ゆるドラ10/10)

この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© C&YOU~ちがさきの使い方~ , 2019 All Rights Reserved.