未来は今日つくるもの~茅ヶ崎を中心に、面白い もの・こと・ひとをご紹介していきます。

【老舗に聴きたい!】〜①まちの歴史とお店の歴史?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、コ・ワーキングスペースです。 「未来の自分に橋をかける」をミッションにイベントを開催しています。

本日12月22日は冬至

夜には柚子湯に入るのが習わしですね!

※柚子…かどうかは定かではありません。悪しからず。茅ヶ崎市美術館の高砂緑地にある木です。※

茅ヶ崎に暮らす方のお庭には、果実の木がよくあります。それはそれは様々な実です。柑橘系の実がこの時期あちらこちらで発見できます。

レモンのようなオシャレな木から、柿のような昭和な木まで。「昔ながらの日本の庭」がそこにあります。

茅ヶ崎は湘南・サーファーのイメージがありますが、実は歴史のあるまち。

空襲の被害を受けなかった為、一本大通りを奥に入ると、古くからの路地が残ります。

そして、見過ごせないのが会社。

新しくオープンするお店も多いですが、創業50年〜100年を超える老舗の数々が、今でも茅ヶ崎のまちを盛り上げて支えてくれています。意外にも⁈老舗が多いまち、茅ヶ崎。

新しい取り組みと受け継がれた伝統。

茅ヶ崎だからこそ緩やかに両立出来るのかもしれません。

人間社会において唯一確実なものは変化である。自らを変革できない組織は明日の変化に生き残ることはできない。

(5/10)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、コ・ワーキングスペースです。 「未来の自分に橋をかける」をミッションにイベントを開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© C&YOU~ちがさきの使い方~ , 2018 All Rights Reserved.