未来は今日つくるもの~茅ヶ崎を中心に、面白い もの・こと・ひとをご紹介していきます。

オープンイノベーション日本一のまちを目指したい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

京都のまちは、小さな通りでも、実にたくさんの飲食店やお土産屋さん、面白いお店が軒を連ねていました。茅ヶ崎駅周辺の飲食店の数を遙かに凌駕していました。

ですが、そこは大都市京都。そもそもの広さが違いますし、まちの歴史や住む人、働く人の数のレベルが違います。訪れる人の数や経済規模も茅ヶ崎とは桁違いでしょう。

ですが、茅ヶ崎に帰って来て感じたことは、「私たちの茅ヶ崎も、密度で言ったら負けていないぞ」ということ。

これだけ個店がそれぞれに賑わいを見せるまちは全国的にも珍しい方だと思います。

茅ヶ崎の、この、「個々に力強く輝く個店の力」を、更に伸ばすことができないか。それによって新しい価値を生み出すことができないか。

それがC&YOUの目的です。

今の時代、時代の変化に乗り遅れないように進化をしていくことは大切ですが、それに止まらず、自ら変化を作り出す姿勢が必要だと思います。イノベーションです。どの組織にも、イノベーションが求められています。

イノベーションは、企業の中で行われるものと捉えられがちですが、ここに、「オープンイノベーション」という考え方があります。顕在化していない消費者のニーズにこたえるべく、一つの企業ではなく、企業間の垣根を越えて、イノベーションを起こしていく。更にはユーザーたる消費者自身も巻き込んで、新たな価値を創り上げていく。

茅ヶ崎には、元からの「個店の力」があります。また、別荘地時代からの価値観として、「来るもの拒まず」の多様性を受け容れ、「人の幸せも自分の幸せ」と言えるような共生の価値観が育まれています。

茅ヶ崎こそが「オープンイノベーション」が生まれやすい土地柄なのではないでしょうか。

「茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一(本当は世界一)のまちにする」

SPACE  C&YOU のミッションです!

このミッション達成のために、なにをなすべきか?考えていることはあるけれど、「こんな事をやってもらったらいいと思う」など、ご意見や、ざっくばらんな感想をお待ちしております!

(35/40)

この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© C&YOU~ちがさきの使い方~ , 2019 All Rights Reserved.