未来は今日つくるものである

時間に対する愛情ある配慮

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

こんばんは。週の始まり月曜日はやっぱり忙しいですね。チガサキヒツジです🐑

みなさんは、時間をどのように使っていますか?電車で移動の時間、仕事の時間、家庭の時間。どんなに大金持ちの人でも、1日の時間は24時間と決まっています。

「細切れ時間の上手な使い方」

なんてタイトルが雑誌に載ることもありますね。

チガサキヒツジの体感ですが、それは

「細切れ時間は、細切れでも大丈夫な事にしか使えない」

今日は一日、喋る練習をしていました。これ、チガサキヒツジにとっては、なかなかハードな練習です。ファシリテーターという立場にありながら、喋るアウトプットに苦手意識があるので、今週は、徹底的に「喋るアウトプット」に当てようと以前から計画してました。

なので、今日、塊の時間を大量に取れるように、先週末から準備していました。

一ヶ月の時間の使い方も同様です。塊の期間をどれだけ長く取れるかを意識して一ヶ月を使っています。

今までは、「起こったことを、起こった時に」こなしていくタイプでした。毎日のルーチンワークも毎日やっていました。すると、一つ一つのルーチンワークは、そんなに時間を取るものでも無いはずなのに、気づいたら一月が経ってしまっている…なぜか時間が足りない…

そこで、一度、時間の記録をしてみました。何にどれだけ時間を使っているのか、書き出してみました。すると、ルーチンワーク後は惰性で、なんとなく時間が過ぎてしまい、いよいよ本腰、となった頃には終業時刻になっていて、結果、時間が足りない、ということに気づいたのです。

考え始めて波に乗るのに時間がかかるタイプなことも分かりました。

「自分は、しっかりしたものを作る、成果をあげるのには、結構大きな、かたまりの時間が必要」

そう認識しました。

それ以降、ルーチンワークを毎日やるのを辞め、一ヶ月の一時期に集中してやることにまとめました。すると、一ヶ月の中に、大きなかたまりの期間が生まれたのです。

今月の大きなかたまりの期間は、明日からスタートです。今月はなにを生み出せるか、楽しみです(^^)

「創造と変革は時間に対して膨大な要求を突きつける。短時間のうちに考えたり行ったりすることのできるのは、すでに知っていることを考えるか、すでに行っていることを行うときだけである。」

(ゆるドラ6/10)

この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© C&YOU~ちがさきの使い方~ , 2019 All Rights Reserved.