未来は今日つくるものである

未来は今日創られる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

3月1日

母校の高校は卒業式です。

「卒業だな!」と思える卒業式は今まで4回経験しましたが、うち、2回は「一区切り」感が全くなく、明日からの不安とモヤモヤでいっぱいだったのを覚えています。

大学を卒業した時は、そのまま大学院に進むことになっていました。ゼミの先生に勧められたのが進学の理由です。ドクターが終わった後にやりたい事も無かったのに、「このまま更に勉強して何になるんだろう…」と内心思っていました。

大学院を卒業した時は、4月から正社員で就職をするわけでもなく、その年に行われる国家試験の合格を目指して受験勉強に突入しました。とても暗い気持ちだったのが懐かしいです。。。(おまけに試験は不合格)

卒業のような一つの区切りが来た時、こんなに暗い気持ちになるのは、その時点で未来を全く思い描けなかったからだなぁと今になって思います。

未来は「明日、なにをするかな?」と考えることではなく、「未来のために今日、なにをするかな?」と考えることから始まるのだとか。

今年は長く活動してきた青年会議所を卒業します。

卒業すると、今までよりも時間も資源も余裕がたくさん出来ます。それらをどこに投入するか、昨年辺りから計画を始めました。

卒業するのは寂しい気持ちもあるけど、全力でやったので後悔無しですし、2020年からの自分にワクワクします。

卒業式の12月には分からないけど、今すでに、明るい気持ちなのは、2020年からの資源投入先を既に作り始めているからです。

未来は今日創られるのです。

(ゆるドラ3/10)

この記事を書いている人 - WRITER -
SPACE C&YOU
茅ヶ崎駅南口から海へと続く「雄三通り」のほぼ入口にあります、イベントスペース・シェアオフィスです。 茅ヶ崎をオープンイノベーション日本一のまちにしたい。 「未来の自分に橋をかける」をミッションに、イベントを開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© C&YOU~ちがさきの使い方~ , 2019 All Rights Reserved.