湘南茅ヶ崎を ちょっとだけ ちがう角度から 見つめてみる

ちが旅

移住心地体験まち歩き?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちが旅企画編集部
「茅ヶ崎の暮らしを誰かの非日常体験に」 日本観光士協会認定の観光プランナーが、あなたの「ちがさき時」をプロデュースいたします。 2018年11月末、茅ヶ崎駅と海を繋ぐ雄三通りに、「ちがさき旅案内所」を開設予定です。

【老衰死日本一のまち☀️茅ヶ崎の秘密をミニ体験】
「茅ヶ崎」と言えば、湘南のまちとして全国的にも有名ですが、
駅を降りて目前に広がるのは、海🏖
ではありません

/////////////

独特の名前が付けられ趣きが異なる、海まで続く数本の道。
その道沿いに立ち並ぶ様々な個性的なお店たち。
食事が美味しいのは茅ヶ崎では当たり前、
店員さんが元気で明るく感じが良いのも当たり前。
それに加えて
外観内装インテリアの細部に至る所まで、訪れる人に「特別な時間」を提供してくれます。

そこには、昼に夜にと、茅ヶ崎人が集います。
茅ヶ崎の飲食店や個店はいつも賑やか。若者だけではありません。
元気で明るいオジサンやおばちゃんの笑い声が響き渡ります。

一方で、
通りを一本脇に入ると、そこに広がるのは、迷路のような路地の世界。長く住んでいる人にすら謎の道も。不意に思い立ち、ショートカットを試みたはいいけれど、いつもの通りに出てきてしまうなんてこともしばしばです。
けれども、道なりに並ぶ住宅は、時に渋い風情を漂わせたり、時にはオシャレさ満点で迫って来たり、「こんな家に住んでみたいなぁ」と思わせます。迷っていたはずなのに、楽しい発見があります。


「地元で道に迷っちゃった(笑)」が起こりうる、
「こんな家に住んでみたいな」を体験できる、
ちょっと面白い日常がそこにあるのが、茅ヶ崎なのです。

////////////

これらの不思議な魅力を小脇に抱えた、ほどよい田舎まち茅ヶ崎は、2017年の統計で「老衰死率日本一のまち」となりました。
特定の病気が原因ではなく、年齢による「最期は自宅で」が叶うまちなのです。
住民の市内定着率が非常に高いのも特長です。

その秘密は、
いつも知的好奇心を刺激する日常があり
穏やかな海や自然が身近にあり
それぞれの人が、その人サイズで、まちでの暮らしを楽しめるからではないでしょうか。

////////////

好奇心が刺激されるまち歩き「テクシーinちがさき」は、
そんな茅ヶ崎人の日常を体験するまち歩きです。

迷路のような路地に迷い込み、
目前に突如現れるオシャレな住宅のテラスに驚き、
ベストポジションで待っていてくれる静かな海と富士山に感動し、
自宅近くでの個店での食事が日常をどれほどワクワクさせるかを体験する

観光ガイドブックは自宅に置いて、
歩きやすい靴と普段着の心でご参加ください。

////////////

【参加ご希望の方】
コメント欄にメッセージをください。内容が気になる方も、ぜひこちらにご連絡ください。

【集合場所と時間】
JR東海道線 茅ヶ崎駅改札口(※一つだけです)
2018年11月28日(水)10時30分

【費用】
無料です
※オープニングイベントのため
※食事代等は別途発生いたします。個人でお支払いいただきます。

【主催者からのお願い】
2018年11月28日ちが旅案内所(仮)オープン記念のイベントになります。
これから継続的に育てて行き、茅ヶ崎と、住む人・訪れる人を繋ぐ存在となっていければと思っています。
今回参加の皆さまには、モニターとして
「こういう内容だったら、もっと楽しい」
「こういうのが欲しいかも」等々、暖かいアドバイスをかけてやっていただけると嬉しいです。

(主催者:株式会社矢部商店 茅ヶ崎市幸町20-43 幸町ビル201 )

この記事を書いている人 - WRITER -
ちが旅企画編集部
「茅ヶ崎の暮らしを誰かの非日常体験に」 日本観光士協会認定の観光プランナーが、あなたの「ちがさき時」をプロデュースいたします。 2018年11月末、茅ヶ崎駅と海を繋ぐ雄三通りに、「ちがさき旅案内所」を開設予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちが旅 , 2018 All Rights Reserved.